Paolo e Noemia d'Amico
 

私たちのテロワール

ヴァイアーノはトゥーシアの中心に位置します。 トスカーナとラツィオ、ウンブリアの州境に近いテーヴェレ峡谷上流部の、ユネスコ世界遺産候補でもあるカランキの堆積岩地帯で知られています。

エトルリア文明発祥の地、続いて古代ローマ人の支配を受けたことで歴史的にも重要な地です。

ぺペリーノと呼ばれる火成岩や凝灰岩が織り成す風景は、長年にわたる火山の活動によってもたらされました。

凝灰岩の上を流れる水が何世紀もかけて作り上げた、岸壁が傾斜にせり出す景色が印象的です。